その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.09.04 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Rnmcopy

Rnmcopy

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Rnmcopy
同一フォルダ内のファイルコピー操作を効率よく行えるコピーユーティリティ
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
Rnmcopy
  • 拡張子ごとの動作を設定できるオプション画面

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • デフォルトのファイル名パターンやコピー後の処理が設定できるのは便利
  • コンテキストメニューにダイレクトに追加することも可能

  • 既存のファイル/フォルダを同一フォルダ内で名前を変更してコピーする、という機能に特化したコピーユーティリティ。

    「Rnmcopy」は「ファイル名を変更してコピーする」際に便利なファイルコピーユーティリティ。ファイル/フォルダのコピー先は現在、そのファイル/フォルダが存在するフォルダとなる。同一フォルダ内の指定したファイルのコピーを作成し、そのファイル名を変更する、という操作をワンタッチで行えるのが特徴。新しいファイル名のテンプレートを指定することができるため、少ないキー入力でコピーを行うことが可能だ。

    通常、エクスプローラを使って同一フォルダ内でファイルコピーを行う場合、右ドラッグで「ここにコピー」を選ぶことがほとんどだろう。この場合、ファイル名は自動的に「コピー 〜 元のファイル名」となるが、このようなファイル名だと扱いづらいので、ここからさらに別の名前へと変更する人が多いはずだ。

    「Rnmcopy」では、この操作を効率的に行うことができる。使い方は簡単。コピーしたいファイルを選択してコンテキスト(右クリック)メニューの「送る」−「名前を変えてコピー」を実行。「Rnmcopy」のダイアログが表示されるので、ここで新しいファイル名を入力して「OK」ボタンを押せば、コピー元ファイルと同じファイルが指定の名前で新たに作成される、という仕組みだ。

    設定により、コンテキストメニューの直下に「名前を変えてコピー」を追加することもできる。この設定では、あらかじめ指定した拡張子のファイルを右クリックした場合のみ「名前を変えてコピー」が表示される。また、ファイルだけではなく、フォルダを右クリックした際にも「名前を変えてコピー」を有効にすることもできる。

    ファイルのコピー時には「アーカイブ」「リードオンリー」「隠しファイル」「システムファイル」の属性ビットをダイアログで自由に設定できる。またコピー後、コピーしたファイルや元ファイルを自動的に開くように指定することも可能だ。コピー先ファイルを開く場合、Windowsの関連付けを使って開けるほか、ユーザの指定したアプリケーションで開くこともできる。

    新たに作られるファイルの名前は自由に入力することができるほか、あらかじめ「テンプレート」として指定することもできる。テンプレート指定には、元ファイル名や元の拡張子名、日付や時刻といった各種の情報を取り入れることがきるため、かなり柔軟なファイル名指定を行うことができる。起動時に表示されるダイアログは小型のものだが、自動的にマウスポインターの近くに開かせたり、常に手前に開かせたりできる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    Rnmcopyは、ファイルやフォルダを現在のフォルダ内だけでコピーする場合だけに利用することができる、非常に限られた状況でのみ利用するツールだ。このように表現すると、ずいぶんと用途が偏ったツールのように思えるかもしれないが、実はこうした操作を行う事は意外に多いのではないだろうか。

    たとえば、ファイルのバックアップをする場合などはどうだろう。DOS時代のテキストエディタでは、テキストファイルを編集するとき、大半がバックアップファイル(*.bak)を自動的に作ってくれていたが、なぜか最近のエディタでは、バックアップファイルの作成は、デフォルトでは作らないようになっているものがほとんど。機能が削除されたわけではなく、オプション指定などで「作らない」がデフォルトになっているだけだが、とはいえこれは、バックアップが不要になったというわけではない。やはり大切なファイルは、利用者が必要に応じてバックアップを作らねばならない。

    テキストファイル以外の各種のデータファイルもそうだ。最近はアプリケーションの機能も進んで、自動的に過去のファイルを復元してくれるようなものもあるが、とはいえ、単純に「バックアップを作る」という方法の手軽さにかなうものはない。

    こう考えると、同じフォルダ内でファイルをコピーするというのは、単に普段意識していないだけで、実はしょっちゅう行っているのだ。コピーしてから名前を変更する。確かに手順としてはたいした手間ではないが、こうした単純な作業であってもまだまだ改善の余地はある。そう思わせてくれるソフトだ。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    プログラムのソースファイルや、HTMLファイルを新規に作成するとき、既に完成しているファイルや、あらかじめ準備されているテンプレートを多少変更するだけで済む場合があります。これを同一フォルダ内で行う場合、通常は元となるファイルをコピー&ペースト、"コピー 〜 ○○○"というファイル名を変更、常用のエディターで開くという作業を行うわけですが、ある日この作業を延々と繰り返している自分に気づき、なんとかこの一連の作業を自動化することはできないかと思ったのが、「Rnmcopy」の開発動機です。

    開発中に苦労した点
    プログラムそのものは単純なものなので、開発に関する苦労は特にありません。

    ただ、エクスプローラの一部のように振る舞い、なるべく軽く動作するように心がけていますので、ユーザからの要望に応えられず、申し訳なく思うことがあります。

    ユーザにお勧めする使い方
    Rnmcopy の性質上、ユーザにはソフト開発や編集のプロの方が多いようです。各オプションの意味を理解した上で、自分に合った設定をすることをお勧めします。

    また、デスクトップのショートカットへのドロップや、送るメニューでの使用もできますが、よく編集するファイルの拡張子を右クリックメニューに登録することで、より使いやすくなると思います。

    今後のバージョンアップ予定
    今のところ、特に予定はありません。応えられるかどうかわかりませんが、要望があればお知らせください。

    (Kino)
    最近のレビュー記事
    筆王Ver.26筆王Ver.26
    パソコンを使用する事による恩恵を受けつつ、温かみのある手書き風年賀状も作成できるはがき作成ソフト
    Web会議レコーダー ProWeb会議レコーダー Pro
    Zoom・Skype・Teams等を誰でも簡単に録画
    筆まめVer.32筆まめVer.32
    22年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
    じぶんドックじぶんドック
    毎年受けてきた健康診断の結果を時系列に並べてグラフ化
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● Rnmcopy Ver.1.19
  • 作 者 : Kino さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.ann.hi-ho.ne.jp/kino/
  • 補 足 : 動作にはVB 6.0ランタイムが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Rnmcopy 1.37 同じフォルダ内にファイル(フォルダ名)名を変更してコピーするという作業を楽にしてくれる (82K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.