その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2001.10.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 勝手にビューア

勝手にビューア

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
勝手にビューア
多彩な形式に対応する、“邪魔にならない”画像&動画ビューア
Windows 95/NT  フリーソフト
勝手にビューア
  • 表示する画像・動画ファイルは、リストによってあらかじめ指定おく

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 表示サイズの設定は柔軟に行える。設定は保存しておき、切り替えて使用できる
  • 動画の表示中は簡単な再生コントロールも可能だ

  • 画像ファイル、動画ファイルを連続で表示・再生できるソフト。常時起動しておいても邪魔にならない工夫が施されているのが特徴。

    「勝手にビューア」は、多彩な形式の画像・動画ファイルを、スライドショウのように一定間隔で順番で表示・再生するビューアソフト。標準で対応する形式は、BMP/ICO/WMF/EMV/JPEGなどの静止画像、AVI/MPEG/ASF/WMV/RAといったWindows Media PlayerまたはRealPlayerで再生可能な動画だ。Susie Plug-inに対応しているため、必要なプラグインを用意すれば、ほとんどの静止画像を表示することが可能だ。

    表示(再生)したいファイルは、あらかじめ「画像リスト」に登録しておく。登録はファイル単位、フォルダ単位で行うことが可能で、リスト画面へのドラッグ&ドロップなどで簡単に登録することができる。さらに、画像(動画)ファイルのフルパスを改行で区切って記述したテキストを作成し、これを「ファイルリスト」として登録することも可能だ。

    登録した画像は、例えば10秒間隔などの一定の間隔で1枚ずつ順番に表示していく。動画の場合は、この間隔を無視して「最後まで再生する」「最後まで再生したら次のファイルに切り替わる」といった指定も可能だ。表示順序はリストに登録された順番のほか、ファイル名順や乱数によるランダムな順番を選択することもできる。ループ指定により、すべての画像の表示後に、再度はじめから表示を行うこともできる。また、途中で中断する場合、どこまで表示したかをファイルに記録する「しおり」機能があり、あとで続きから楽しむのも簡単だ。

    「勝手にビューア」では、「他の作業をしながら画像を順に閲覧していく」のが基本的な使い方となるだろうが、マウスカーソルがビューアウィンドウにかかったときに、自動的にウィンドウを消去することができるなど、閲覧時に他の作業の邪魔をしない工夫が随所に施されている。画像の表示方法は多数のオプションから選択・指定することが可能で、例えば、「常に元の画像サイズで表示する」「一定の指定倍率で表示する」「あらかじめウィンドウの縦・横サイズを指定しておき、これを超える場合にはウィンドウサイズに収まるように自動的に縮小表示する」といった設定ができる。さらに、ウィンドウのサイズを「画像のサイズに合わせて変化させる」「一定のサイズに固定させる」から選択できるほか、ウィンドウの位置を固定することもできる。そして、これらの設定は保存しておき、ドロップダウンリストからいつでも切り替えることができる。

    そのほかにも、ホットキーを設定すれば、早送り/逆送り/隠す/ポーズなど、さまざまな操作をすばやく行うことができるようになる。BGMファイルを指定することで、画像表示時にBGMを演奏することも可能だ。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    プログラムの名前は「ビューア」となっているが、あえてカテゴリ分けするならばビューアよりはむしろ「スライドショウ」に近いソフト、と思われるかもしれない。いわゆるスライドショウの場合、画像の鑑賞が主な目的のため、画像を全画面で表示することがほとんどだ。これは画像を鑑賞するにはいいが、スライドショウの実行中は他の操作がまったくできず、パソコンが占有されてしまう。いくら好きな画像であっても、パソコンをずっと占有され続けるのはいささか迷惑というものだ。

    これと対極にあるのが、一定時間ごとに壁紙を切り替える「壁紙チェンジャ」だろう。これなら、画像は背景に表示されるため、普段の操作にはまったく邪魔にはならない。しかし、この壁紙チェンジャの場合、他のウィンドウが表示されると、壁紙部分に表示された画像は隠されてしまう。つまり他の用途にパソコンを使っている場合、こんどは画像全体をまともに鑑賞することができなくなり、やはり不満が募ってしまう。画像を見るために他のアプリケーションをアイコン化するのでは、結局スライドショウと変わらない。

    つまり、スライドショウにしろ壁紙チェンジャにしろ、「他の用途にパソコンを使いつつ画像を鑑賞する」といった用途には不十分なのである。

    「勝手にビューア」の機能説明を見るだけでは、なぜこんなソフトが必要なのかと疑問に思う人が多いかもしれない。実のところ筆者も、最初はちょっとこのソフトの目的が理解できなかった。しかし、上のようにスライドショウや壁紙チェンジャと比較すると、ソフトの目的がよくわかる。つまりこのソフトは、スライドショウのように画像を目立つように表示させつつ、壁紙チェンジャのように普段の作業も行える、そんなよくばりなソフトなのだ。「画像全体を目立つように表示させ」「必要に応じてすぐに消去する」。こんな至極単純な発想でもって、スライドショウにも壁紙チェンジャにもなしえなかったことを鮮やかに解決したのが、この「勝手にビューア」というわけだ。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    スライドショウソフトへの不満から生まれた「勝手にビューア」
    私の場合、パソコンで画像ファイルをせっせと量産しているのですが、せっかく作ったこれらの画像を見る機会というのがほとんどありません。なぜなら、私は画像を見るだけのためにパソコンを動かして、腕組みをしてディスプレイとにらめっこをするのが嫌だからです。「ながら」が好きな私としては、パソコンで文章を書いたり、プログラミングをしたりしている間でも画像ファイルを見ていたいのです。そんな欲望を満たすために作られたのが、この「勝手にビューア」です。

    地球にやさしい「勝手にビューア」
    最近は「さまざまな形式の動画をシームレスに再生できる」ということだけで「勝手にビューア」をご利用いただいている方も多いのではないかと思いますが、「勝手にビューア」の正しい使い方はやはり「ながら」。「勝手にビューア」を単独で動かすのではなく、他の仕事をしながら画面の隅っこに画像を表示して楽しんでいただきたいです。こうすることで、パソコンで画像を見る無駄な時間が節約でき、効率アップが図れ、さらにはパソコンの稼働時間の短縮により地球環境も守れる(?)というわけです。

    「勝手にビューア」の今後
    「勝手にビューア」は、みなさまの意見を貪欲に取り入れ続けた結果、機能が肥大化し、逆に使いにくいというご意見も耳にするようになりました。そこで「勝手にビューア」の機能拡張はひとまずお預けということにして、それ以後のことに関しましては、ユーザのみなさまからのご意見を参考にして決定したいと考えております。ご意見のある方はぜひお聞かせください。お待ちしています。

    (どぼん!)
    最近のレビュー記事
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14new!!ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● 勝手にビューア Ver.0.63
  • 作 者 : どぼん! さん
  • 対応OS : Windows 95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://hp.vector.co.jp/authors/VA014478/
  • 補 足 : 動作には、Microsoft Windows Media PlayerRealPlayerの両方がインストールされている必要がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    勝手にビューア 仕事中にもじゃまにならない自動連続表示用画像、動画(MediaPlayer、RealPlayer対応形式)ビューア 



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.