その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2001.10.03 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Magic Spell

Magic Spell

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Magic Spell
コマンド入力で操作する、柔軟性の高いランチャソフト
Windows Me/98/95  フリーソフト
Magic Spell
  • ホットキーで入力ウィンドウを表示し、コマンドを入力する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 入力ウィンドウ呼び出し用のホットキーや表示位置はカスタマイズすることが可能だ
  • ワンタッチ・コールは10個まで設定可能。リンクを設定することもできる

  • キー操作でポップアップウィンドウを開き、コマンド入力を行うことでアプリケーションやファイルを開けるコマンド入力型のランチャソフト。

    「Magic Spell」は、「実行ファイルを起動する」「関連付けでファイルを開く」「フォルダウィンドウを開く」といった操作だけでなく、システムコマンドの入力で、マウスやキーボードの操作、DOSコマンドの実行、Windowsの終了や再起動なども行える、多彩な機能を備えたコマンドラインランチャ。複数のコマンドを入力し、順番に実行させることもできる。

    コマンドライン入力は、実行するコマンドやファイル名(パス)の入力に手間がかかる上、正確に入力しなければならないという弱点がある。この点を補い、入力を簡略化するために「リンク」「補完」「ワンタッチ・コール」「履歴」といった機能を用意したのが「Magic Spell」の特徴だ。

    リンクは、コマンドやファイル名を他の文字列で置き換える機能。フルパスの代わりとなる短い略語を登録しておき、これを入力することでファイルやコマンドを呼び出せるという、一種のエイリアスだ。リンクはフォルダに対しても設定できるので、よく使うフォルダを呼び出すのにも使える。

    補完は、コマンドを途中まで入力して特定のキーを押すと、残りの部分を補ってくれる、Internet Explorerなどのオートコンプリートのような機能。「コマンド補完」「ファイル補完」「履歴補完」の3種類の機能があり、それぞれ、システムコマンドやリンクの補完、ディレクトリやファイル名の補完、履歴を元にしたコマンドの補完を行う。

    ワンタッチ・コールは、登録済みのコマンドをキー操作で呼び出せるキーボードショートカット機能。

    履歴は、以前に入力したコマンドをキー操作で呼び出せる機能で、最大100個まで記録できる。

    そのほか、入力途中のコマンドを【F5】キーで一時待避領域に格納し、再度【F5】キーの入力で、待避した内容を呼び出すことができる機能などもある。

    豊富に用意されたシステムコマンドで、柔軟な操作を行うことができるのも「Magic Spell」の特徴のひとつ。システムコマンドでは、リンクやワンタッチ・コールなどの登録を行えるほか、「MS-DOSコマンドの実行」「スクリーンセーバの起動制限」「壁紙の変更」「マウスやキーボードの操作」「Windowsの終了や再起動」など、さまざまな操作を行うことができる。

    設定はカスタマイズ専用プログラム「MagicSpell Customizer」からも行える。リンクやワンタッチ・コールの登録はキー入力が基本だが、リンクについてはファイルのドラッグ&ドロップで設定することも可能だ。そのほかにも、コマンド入力ウィンドウを呼び出すためのホットキーのカスタマイズやウィンドウの表示位置指定、補完機能のキー操作や表示書式の設定なども行える。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    一見しただけではファンタジーRPGかと勘違いしそうなソフト名だが、使い方がわかってくるとなるほど機能をうまく表していると納得できるネーミングだ。

    MS-DOSをある程度使った人なら、DOSプロンプトからコマンドを入力するだけでなく、【F3】キーで直前に入力したコマンドを呼び出し、必要なところだけを修正したり、常駐ソフトでさらに機能を拡張して使った記憶があると思う。「MagicSpell」は、あれをずっと強力にしたものだと思えば、だいたいのイメージはつかめるだろう。

    もちろんWindows上でDOS窓を開いて使うのとは違い、必要なときだけ現れて使い終わったら(【Enter】キーを押してコマンドを実行したら)すぐに消えてくれので、ふだんの作業の邪魔にならないのがいい。一方、Windowsの一般的なランチャソフトと比べると、いちいちマウスを動かさなくても数ステップのキー入力ですむ点や、単にファイルを開くだけでなく、ほかにもいろいろな操作ができるという機能性が魅力だ。

    ヘルプや作者のWebページを見ると、実にさまざまな使い方が紹介されていて、アイデアと努力次第でいろいろな応用ができそうだ。

    ソフトの性格上、かなり経験を積み、キー入力にも慣れた人向けなのは間違いないが、設定ツールの「MagicSpell Customizer」は一般的なGUIソフトのインタフェースを持っているので、そろそろWindowsに慣れてきて、「もっと便利な使い方はないか」と探している人にもちょうどいい橋渡し役となってくれるのではないかと思う。

    ただし、リンクやワンタッチ・コールの設定でファイル選択ダイアログボックスが使えないのは残念。リンク設定ではドラッグ&ドロップができるのに、ワンタッチ・コールで使えないのは物足りない印象を受けるので、ぜひ改良をお願いしたい。

    「GUIは、見た目は簡単だけど、慣れても作業効率が上がらない」と不満に思いはじめた“脱初心者ユーザ”にぜひトライしてもらいたい一本だ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    はじめは単に、アプリケーションにパラメータ(特にファイルのパス)を簡単に渡せる、コマンド入力時のみ表示のコマンドラインランチャを探していたのですが、気に入ったものがなかったので、「CommanD-L」というランチャーを自分で作成しました。その後、「いかに怠けるか」という観点から作業の効率化を追求し、マウスやキーボード操作の代行、クリップボードの操作、他のウィンドウの操作といった、マクロのような動作制御を行える機能を「CommanD-L」に追加しました。その結果、プログラムランチャというよりはマクロランチャというべきものが完成したので、「Magic Spell」と名称を改めて発表しましたものがこのソフトウェアです。

    開発中に苦労した点
    「Magic Spell」の開発そのものには、ほとんど苦労はありませんでしたが、コマンドラインに慣れていない方にはとっつきにくいアプリケーションなので、ヘルプファイルの作成にかなりの時間と労力をつぎ込みました。

    ユーザにお勧めする使い方
    他のアプリケーションと「Magic Spell」であらかじめ準備されている「/Keyコマンド」「/Copy系コマンド」「/Echo系コマンド」を組み合わせると、多彩な作業を代行させることが可能です。特に、

    • アプリケーション起動後に/Keyコマンドで一定の動作を行わせる
    • /Copyコマンドで定型文(メールアドレスやURL等)をクリップボードにコピーする(続けて、/Keyコマンドでの貼り付け動作も可能)
    • 何度も繰り返し実行するようなコマンドは/Echo(Hide)コマンドで、コマンド自身をあらかじめ出力しておく
    という動作を行わせるコマンドは便利です。そのほかにも、ユーザの使用しているアプリケーションや環境に合わせて、多様な使い方が可能ですので、普段繰り返し行っている動作をコマンド化していくとよいでしょう。そのためにも、まずは、どのようなことができるのかを確認するために、ヘルプファイル(MgcSpell.hlp)の「目次」をご覧ください。

    今後のバージョンアップ予定
    まだ、多少バグがあるでしょうから、その修正と、指定時刻にコマンドを起動する機能の追加を考えています。それ以降は「Magic Spell」のバージョンアップよりも、「Magic Spell」用の周辺アプリケーションを作成していこうと思っています。

    (黒澤 虚)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● Magic Spell Ver.1.10
  • 作 者 : 黒澤 虚 さん
  • 対応OS : Windows Me/98/95
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.d4.dion.ne.jp/~utsuro/
  • 補 足 : 10月2日現在の最新版はVer.1.20。作者のホームページからダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Magic Spell 2.42 一般的な機能に加えて,キーボード操作の代理までできてしまう普段は表示されないコマンド入力式ランチャー (815K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.