その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2001.08.08 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > G-Manager

G-Manager

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
G-Manager
強力なグラデーション機能を備えたグラフィックエディタ
Windows 95/NT  シェアウェア
G-Manager
  • 編集画面。ペイントソフトでありながらドローソフト的な操作性

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • グラデーションは、色の変化の具合を細かく設定できる
  • 画像中、指定した色域にのみ加工を加えることができる

  • 強力なグラデーション機能により、これまでにないイメージのビットマップ画像を手軽に作成できるグラフィックエディタ。

    「G-Manager」は、ビットマップ画像を編集する機能を持つ「ペイントソフト」に属するグラフィックエディタだ。ただし、一般的なペイントソフトとは異なり、描画で使えるコマンドは、円や多角形、直線など、ドロー系ソフトで使えるコマンドに限定される。フリーハンドの描画機能は持っていない。描画の結果、作成される画像はビットマップファイルなので、あえて分類するなら「フリーハンドによる描画機能が存在しないペイントソフト」となるだろう。

    「G-Manager」では、すべての描画が必ず「グラデーション」色を用いて行われる。例えば「塗りつぶし多角形」であれば、はじめに多角形の輪郭をドローソフトのように指定し、最後に塗りつぶし開始位置をダブルクリックで指定すると、その範囲内があらかじめ指定されたグラデーション色で塗りつぶされる、といった具合だ。描画機能として、直線、折れ線、円、四角、多角形のほか、これらの塗りつぶし、さらには画面全体をグラデーションで塗りつぶす単純グラデーションが利用できる。

    グラデーションに特化したソフトだけあり、グラデーションパターンは細かく設定できる。グラデーションの開始色から終了色まで、直線的に色調が変化する一般的な設定はもちろん、最初は急激に色調が変化して、次第に変化の度合いが緩やかになる設定や、あるいはその逆といったように、さまざまな指定が可能だ。グラデーション色には透明度も設定できるため、複数のグラデーション塗りつぶしを重ね合わせて合成し、複雑な描画を行うこともできる。

    描画時には、画面上の特定色をあらかじめ指定し、その色域の部分だけに対して描画を加えることもできる。つまり、特定の色に対してだけグラデーション描画を行うことが可能だ。

    グラデーション描画機能以外では、指定した描画範囲に対するネガ化や強調を行う機能、色変換などのフィルタ加工を加える機能、クリップボード内の画像を編集中の画像に貼り込む機能などがある。画像貼り込み時に透明度を適用することもできる。

    作成されたファイルの保存、既存画像ファイルの読み込み、いずれもBMP形式のみに対応する。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    グラデーションというのは、2次元の画像内で立体図形を表現する際の表現技法としては、かなり有効なものだ。例えば塗りつぶし円は、1色だけで塗りつぶすと単なる円にしか見えないが、グラデーションでこの中の1点に白色の部分を入れてやるだけで、球体に見えてしまう。長方形でも、ちょっとグレーのグラデーションで塗りつぶしてやるだけで金属質な感じを表現できたりするのだから不思議なものだ。

    だが、最近のソフトでは、こうしたグラデーション塗りつぶしは、あまり重要視されていない気がするのはなぜだろう。市販のドローツールなどでは過去、任意の形状を、その形状に沿ったグラデーションで塗りつぶしできるといった高度な機能を持ったものも存在したのだが、なぜか最近ではそうした機能も見かけなくなってしまった。

    そんな中「G-Manager」のグラデーション機能はなかなかに強力だ。「G-Manager」の「G」はおそらくグラデーションを示しているのだろう。グラデーションを専門としているだけあって、塗りつぶし開始点の指定や色の変化パターンなど、最近では見かけないほど充実したグラデーション機能を持っている。ドローツールとペイントツールとでは、どちらかといえば前者の方がグラデーション機能は作りやすいはずなのに、これをあえてペイントツールの形で実現しているというのもなかなかにユニークだ。

    ペイントソフトでありながらフリーハンドの描画機能がないというのはちょっととまどうところではあるが、ファイルの入出力はごく一般的なBMPファイルなので、他のペイントソフトと連携させて使えば、こうした制限は大きな問題とはなるまい。それよりも、他のソフトではかなり難しいと思われるような表現を簡単にこなせるメリットの方がはるかに大きい。ユニークで使いでのあるグラフィックツールだといえる。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    机やノートに落書きしているとき、輪郭を書き、そこにグラデーションで塗りつぶすと同じ形であるのに格段にきれいになることに気づき、そこに注目してソフトを作ろうと思いました。

    開発中に苦労した点
    形状グラデーション化の機能を作るのに何回も頭をかかえました。そして、できあがった機能は前回の立体化機能と比べて、出力される画像の質を向上させることができました。

    ユーザにお勧めする使い方
    さまざまな使い方があると思いますが、“形状グラデーション化”で既存のビットマップ画像をオプション指定してグラデーション化(立体化)し、カラーグラデーション化で変わった色づけをしてみたり、エフェクトや光グラデーションなどを使っていくとよいかと思います。

    お知らせ
    ホームページも訪れてみてください。最新のバージョンがアップロードされている可能性があります。

    (ShinYa)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● G-Manager Ver.2.0
  • 作 者 : ShinYa さん
  • 対応OS : Windows 95/NT
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www.tk4.speed.co.jp/jajamal/
  • 補 足 : 試用期間中は保存ができないなど、一部機能制限がある。また、起動回数に制限がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません


    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.