その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2001.07.28 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Archives Folderizer SV

Archives Folderizer SV

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Archives Folderizer SV
フォルダと同様の感覚でアーカイブファイルを扱うことのできる圧縮・展開ソフト
Windows Me/2000/98/95/NT  シェアウェア
Archives Folderizer SV
  • カスタマイズ性に優れ、初心者から上級者まで幅広いユーザに対応する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 基本的な操作はすべてエクスプローラででき、ほとんどアーカイブファイルということを意識しなくてよい
  • 「自動オープン機能」で開くファイルや開き方、条件などは自由に設定できる

  • アーカイブファイルと通常のフォルダを同様の感覚で扱うことができる圧縮・展開ソフト。高い操作性を持ち、圧縮・展開やファイル操作を自然に行うことができる。アーカイブファイルとフォルダとを相互変換する機能や、アーカイブファイルに含まれるファイルの条件によって、自動的にファイルを開く機能などもある。

    「Archives Folderizer SV」は、フォルダと同様の感覚でアーカイブファイルを操作できるように工夫された圧縮・展開(解凍)ソフト。例えば、アーカイブファイルのダブルクリックによって、内容をキャッシュフォルダに展開するとともに、エクスプローラでそのフォルダを開く、という動作を設定できる。「Archives Folderizer SV」のデスクトップアイコンへのドラッグ&ドロップでもアーカイブファイルの展開は可能で、ダブルクリック時/ドラッグ&ドロップ時の動作と展開先を個別に指定することが可能だ。動作は全部で6種類、展開先はキャッシュフォルダのほか、別途指定できる標準解凍先やマイドキュメントなど、計9種類の中から選択できる。

    キャッシュフォルダなどに展開されたファイルの編集後は、元のアーカイブファイルを右クリックして「圧縮フォルダの更新」を選択し、フォルダに加えた変更を反映させることができる。フォルダとアーカイブファイルの相互変換(通常化/圧縮化)もコンテキストメニューから簡単に行うことが可能だ。

    アーカイブファイル内に特定のファイルが含まれていた場合に、自動的にファイルを開く「自動オープン機能」も特徴のひとつ。Word、Excel、HTMLなどのファイルが含まれたアーカイブファイルをダブルクリック/ドラッグ&ドロップすると、自動的にアプリケーションを起動してファイルを開いてくれる。自動オープンする条件は、autorun.inf、setup.exe、*.xlsのようにファイル名や拡張子で設定する。条件としてあらかじめ10種類が登録されているが、ユーザが自由に追加・変更することが可能だ。危険なファイルを自動オープンしないよう、簡単なセキュリティチェック機能も用意されている。

    対応する圧縮形式は、圧縮がLZH/ZIP/CAB/YZ1/tar.gz。展開はこれらに加え、RAR/ARJ/GCAに対応する。LZH/CAB/YZ1では自己展開ファイルの作成も可能だ。「Archives Folderizer SV」の配布アーカイブには、これらのDLLのパッケージとインストーラが含まれているため、DLLのダウンロードなどを気にせずにすむ。

    フロッピーディスクなどのリムーバブルメディアにも対応し、その容量に応じて分割出力する機能もある。分割したファイルを結合するためのプログラム(resume.exe)も一緒に保存されるという親切設計だ。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    機能が豊富でカスタマイズ性にも優れた使いやすい圧縮・展開ソフトだ。ファイルをアイコンにドラッグ&ドロップしただけで圧縮・展開するといった簡便な使い方もでき、フォルダを利用してアーカイブファイルの中身を整理・編集するといった使い方もできる。このアーカイブファイルの内容の変更はできないソフトも多く、また、できても使いづらいソフトが多いので、これが簡単にできるのは非常にうれしい。

    デフォルトで展開先が「キャッシュフォルダ」になっており、気がついたらデスクトップがフォルダで埋めつくされていたということがないのもうれしい。これは、ほとんどのソフトでも設定次第で同様のことは可能かもしれないが、デフォルトで使いやすいというのはやはり便利に感じる。

    「自動オープン機能」は、大量にアーカイブファイルのチェックをしなくてはいけないときに便利だろう。さらに「Archives Folderizer SV」は、コマンドラインオプションを付けてバッチで圧縮・展開処理をすることもできる。二つとも、使い方によっては非常に威力を発揮するとても嬉しい機能だ。ただし、「自動オープン機能」を使う際にはくれぐれもウィルスチェックなどの用心を怠らないように注意したいものである。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「Archives Folderizer SV」の機能をあらためて紹介します。

    Internet Explorerでホームページを保存すると、〜.files という名前のフォルダができてしまい、邪魔に思っていましたが、本ソフトを使うとひとつのファイルにまとめることができます。そして、見るときは、自動オープン機能で内容をすぐに見ることができます。応用すれば、複数のHTMLファイルをパッケージした圧縮ファイルも、すぐに見はじめることができます。

    ここ(ベクター)からダウンロードしたプログラムは、本ソフトですぐに開くことができ、簡単に試すことができます。しかも、readme.txtやindex.htmlといった、はじめに読むファイルも同時に開きますので、どういうプログラムかすぐにわかります。どのファイルをはじめに読むべきか知らない初心者の方にもお勧めです。

    メールで添付される圧縮ファイルもすぐに開くことができるようになります。メールの場合、ひとつのファイルが圧縮されていることが多いのですが、自動オープン機能により、そのファイルをすぐに開くことができるので、とても重宝しています。

    開発で苦労した点は、DLLインストーラがどのマシンでも動くようにすることでした。また、メールの添付ファイルなどに対するセキュリティ機能の使い勝手のバランスにも苦労しました。

    くわしい使い方は、http://www.sage-p.com/arcf.htmでも公開しています。文章より図がたくさんあって読みやすくできてますので、そちらも参考にしてください。

    ※本ソフトはシェアウェアですが、自動オープン機能を除いた、通常の圧縮解凍プログラムとしては、無期限フリーになっています。

    (戸田 匡紀)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● Archives Folderizer SV Ver.1.02
  • 作 者 : 戸田 匡紀 さん
  • 対応OS : Windows Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www5a.biglobe.ne.jp/~sage-p/
  • 補 足 : 試用期間中は一部機能に制限がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    シェアウェアプロレジ・シェアレジ(648円(税込))
    Archives Folderizer SV 1.10 ファイルもフォルダもWebページも簡単に圧縮解凍閲覧,自動オープン機能によりファイルの内容もすぐ確認可能 (2,632K)

    現在公開ファイルがありません


    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.