その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2001.03.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > SideEditor for Windows

SideEditor for Windows

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
SideEditor for Windows
タブ切り替え方式で複数ファイルも快適に編集できるテキストエディタ
Windows 2000/98/95/NT  フリーソフト
SideEditor for Windows
  • 編集画面。英数字、記号、メールアドレスなど、特定文字列を色分け・強調表示してくれる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 環境設定−表示設定画面
  • 折返設定画面。折り返し位置の文字数や禁則文字を設定する

  • タブ切り替え方式によるマルチドキュメント対応、関連する複数のファイルを一度に開けるセットファイルなど、複数ファイルの同時編集に便利な機能を備えたテキストエディタ。拡張子ごとに表示設定を変更できる機能などもある。

    SideEditorは、タブ切り替え方式を採用したテキストエディタ。多数のファイルを同時に編集する際も、編集対象をすばやく切り替えられる。タブのほかに、メインの編集画面で特徴的なのがスクロールバーだ。画面右と下に加えて、編集エリアを囲むように左と上にも表示され、編集したい部分により軽快にアクセスできるよう配慮されている(画面右/下のスクロールバーは非表示の設定も可能)。

    このような編集画面の外観のほかに、SideEditorの特徴となっているのがセットファイル機能と表示設定機能だ。セットファイルは、関連するファイルを「セット」として登録することで、一度に複数のファイルを開ける機能。例えば、ある作業に関係のあるテキストファイルを登録しておけば、ダブルクリックひとつで登録したすべてのファイルを開くことができる。SESという「セット」の拡張子をSideEditorから簡単に関連付けできる機能も用意されている。

    表示設定は、拡張子別に動作環境を設定できる機能。フォント種類/サイズの指定、プログラムの予約語やURL/メールアドレスなどの色分け表示はもちろん、ルーラや行番号表示の有無、カーソル形状や折り返し文字数の指定など、実に多岐にわたる項目を設定することが可能で、設定しておけば、編集対象に応じて自動的に最適な環境に切り替えてくれる。標準でtxt/pas/ini/不定時(設定拡張子以外)など、計9種類が登録されているが、任意の拡張子を追加することも、また現在編集中のファイルについて一時的に設定を行うことも可能だ。

    テキストエディタに必要とされる基本機能はひと通り備えており、矩形選択/貼り付け、Undo/Redo、オートインデント、禁則処理などもサポートする。また、Shift JIS/JIS/EUCの相互文字コード変換機能もある。

    なお、フリーソフト版のほかに、シェアウェア版のSideEditor Professionalもある。Professionalでは、フリーソフト版の機能に加えて、サーバ(複数登録が可能)のテキストファイルをダウンロード/アップロード、編集できる「サーバ連携機能」、登録したコマンド行の反復利用ができる「コマンド行機能」などの拡張機能が利用できる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    複数の表示、動作環境を切り替えて使えるのは、非常便利だ。たくさんのプログラム言語を同時に使用する人ばかりでなく、テキスト作成用としても、いくつかの環境を使い分けたい人にも有効になるはず。

    SideEditorについては、関連ファイルの一括オープンや、サーバとの連携(シェアウェアの「Professional」のみでサポート)など、強力エディタとしての顔に注目されそうだが、それ以外に目を向けても、シンプルながら操作体系がすぐれたエディタソフトであると感じた。例えば、ショートカットキーもWindowsの標準的な割り当てがなされており、一般的なエディタやワープロを使ってきた人ならば、とまどうことなくスムーズに使いこなすことができるだろう。

    また、マウスドラッグによって文字選択(文字単位/矩形範囲)ができるのはもちろん、そのまま選択文字列を任意の位置に移動(ペースト)することもできる。さらに、編集画面内での右クリックによって、切り取り、コピー、貼り付けなど、さまざまな操作が可能となっている。このようにマウスや右クリック、ショートカットなど、操作環境は非常によく整備されているので──作者の狙いからはズレているかもしれないが──直感的にスムーズに使えるという点が、実のところいちばんのウリなのかもしれないと筆者は感じた。

    強力エディタらしく、軽快動作も魅力のひとつ。30,000行以上のファイルも短時間でロードが可能なのはありがたい。矩形選択/矩形貼付のサポートもうれしい機能のひとつだ。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    次のような動機で開発しました。
    • スクロールするときに「マウスを右側によっこらしょ」と動かしてスクロールバーをクリック。いまではホイールマウスで楽々なんですが、これが一番の動機なんです。
    • 関連するファイルはこれとこれとこれなんだけど、ひとつずつ開くのも面倒くさいし、サーバのデータだといちいちFTPでダウンロードも大変!
    • Windowsはお手のものなんだけどUNIXのX-Windowなんかはとても使えないな
    ユーザにお勧めする使い方
    特に規定はしていませんが、私個人は以下のように使用しています。
    • 関連するファイルを一度に編集する場合
    • 設定等、変に難しいところがありますが、プログラム言語に依存しないようなシステムパラメータ等を作成される場合
    に、特に便利にお使いいただけると思います。

    今後のバージョンアップ予定
    まだまだやりたいことや実装が不十分な点があるのは十分認識しています。時間と能力の問題がありまして、なかなか進みません。基本的にはProfessional版を中心に開発をしておりまして、できる限りいろいろな機能を統合していきたいと考えています。その派生品は順次公開させていただきますので、よろしければそちらもご愛用ください。

    (alone55)
    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● SideEditor for Windows Ver.1.35F
  • 作 者 : alone55 さん
  • 対応OS : Windows 2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 補 足 : 拡張機能が搭載されたSideEditor Professionalは、2,500円のシェアウェア


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    SideEditor for Windows 1.70F 複数ファイルの編集に便利なエディタ(フリー) (2,453K)

    現在公開ファイルがありません


    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.