その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.12.09
Lhaplus Lhaplus Ver.1.03
外部DLLを使用することなく多数の形式に対応した総合アーカイブソフト
Windows Me/2000/98/95/NT フリーソフト
「Lhaplus」の動作画面
■ドラッグ&ドロップ、右クリックなど、圧縮/展開操作は簡単でわかりやすい

外部DLLを必要とせず、単体で展開(解凍)22形式、圧縮13形式と数多くの形式に対応した総合アーカイブソフト。対応形式の多さに加え、設定によって圧縮・展開時の動作を非常に細かく指定することができるのが特徴。また、アーカイブ形式の変換や文字列の変換などの便利な特殊機能も備える。

Lhaplus(「ラプラス」)で展開可能な形式は、LZH、ZIP(JAR)、ZOO、TAR、GZ、CABなど、計22形式。拡張子に関係なく、アーカイブ形式を自動判別して展開する。自己展開書庫や添付ファイルを含むメールも展開可能で、これらも通常のアーカイブファイルと同様に扱うことができる。圧縮については、LZH、ZIP(JAR)、TAR、GZなど、計13形式に対応し、LZH形式とZIP形式の自己展開書庫を作成できるほか、base64やuueなどのバイナリ←→テキスト変換も可能だ。

圧縮・展開の操作は、デスクトップ上のアイコンへのドラッグ&ドロップ、アーカイブファイルのダブルクリック(開く)、コンテキスト(右クリック)メニューからの操作などで行える。展開時のフォルダ自動作成やアーカイブファイルの末尾数字の自動削除など、他のアーカイブソフトの長所もうまく採り入れながら、高い操作性を実現している。

【Ctrl】 キーを押しながら圧縮・展開の操作を行うと「テンポラリモード」となり、一時的に圧縮・展開時の設定を変更することができる。ファイルの出力先を一時的に変更したいときや、パスワードを設定して圧縮したいときなどに使用すると便利だ。

そのほかにも、特殊機能として、ZIP形式のファイルのパスワードを探索する機能、MIMEヘッダと文字列の相互変換機能、圧縮ファイルのアーカイブ形式の相互変換機能、ZIPファイルのパスワード探索機能などを備える。

reviewer's EYE なんといっても、外部DLLを使用することなく、これほど多数の形式に対応しているというのは便利だ。本体をインストールするだけですぐに一般的に使用されるほとんどの形式での圧縮・解凍ができるので、必要なDLLを捜し求める必要もない。当然、DLLをインストールする手間もかからないので、簡単だ。これは、自分で使うときはもちろん、パソコンの初心者に勧める場合に強力なアドバンテージとなる。

作者は多くのアーカイバを徹底的に研究したというだけあって、操作もわかりやすく、設定項目などが細かいところまで配慮が行き届いている。例えば、解凍時にフォルダを自動作成する機能はほとんどのアーカイバにもあるが、これを使用するとたまに自動作成されたフォルダの中にフォルダが1個だけ入っているということがある。このソフトでは、こうした場合に「二重にフォルダを作成しない」ように設定することができる。また、アーカイブファイルにファイルがひとつしか格納されていない場合にはフォルダを作成しないようにもできる。末尾にバージョン番号などを意味する数字が付いたファイルを解凍する際に、その数字やハイフンなどを取り除いた名前でフォルダを作成することも可能だ。アーカイブ内にさらにアーカイブが含まれているということはよくあるが、この場合に自動的にすべてのアーカイブを解凍するよう指定することもできる。

設定画面が「簡易設定画面」と「詳細設定画面」の2種類用意されており、設定できる項目が多いにもかかわらず、設定の変更が簡単なよう配慮されているのもうれしい。機能が多いにもかかわらず動作も重くなく、全体に非常にバランスのよいアーカイバだ。

なお、現在のバージョンでは、デスクトップ上に圧縮用のアイコンは作成されないので、普通にドラッグ&ドロップしただけでは圧縮操作はできない。この場合は、コンテキストメニュー等で行えばよい。
(秋山 俊)


スクリーンショット》 シェル初期設定画面。Lhaplusとの関連付けやコンテキストメニューの設定が行える
スクリーンショット》 アーカイブ変換機能。このようなちょっと便利な機能が実にうれしい
スクリーンショット》 文字列変換機能。通常はあまり必要はないだろうが、いざというときには便利だ
スクリーンショット》 詳細設定画面。設定項目のきめの細かさがうれしい


【作 者】 Schezo さん
【作者のホームページ】 http://www.hoehoe.com/
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

アーカイバはすでに多数リリースされており、どれもよく考えられているのですが、いざひとつに絞ろうと思うと、機能が不足していたり、思うような設定ができなかったりしました。また、再インストール後にいろいろなDLLをダウンロードしてくるのも面倒なので、単体で圧縮、解凍まですべてこなせて、きめ細かい設定のできるアーカイバを作ろうと思いました。まだ、これひとつですべてこなせる、とは思っておりませんが、少しずつ理想に近づけていけるように努力するつもりです。

■今後のバージョンアップ予定

アーカイブの中身を閲覧する機能を追加して、格納ファイルを個々に解凍したり、格納ファイルを追加できるようにするつもりです。また、設定項目や対応形式もさらに増やしていくつもりですが、それによって操作が分かりにくくならないよう、注意を払っていきたいと思います。
(Schezo)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
Lhaplus 1.73 追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ (2,435K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.