その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.11.22
KDUmail KDUmail Ver.1.1.1.0
フロッピーに入れて持ち運べる、コンパクトでシンプルな電子メールソフト
Windows 95/NT フリーソフト
「KDUmail」の動作画面
■メール作成画面。シンプルだが、通常よく使用する機能は揃っている

1枚のフロッピーディスクに収まるプログラムで、“いつでも”“どこでも”使うことのできるコンパクトな電子メールクライアントソフト。インストール作業が不要で、配布アーカイブを展開するだけですぐに使いはじめることができる。また、送受信したメールデータをすべてメモリ上に展開するため、使用したパソコンにメールの内容などを残さない。レジストリも使用しない。

KDUmailの画面は、非常にシンプルでわかりやすいデザインだ。メールサーバログイン用の「接続設定」、メール作成・送信用の「メール配信」、受信・内容参照用の「メール鑑賞」の三つのタブを切り替えて使用する。最初にPOP3(APOP)/SMTPサーバとメールアドレスを設定してしまえば、あとは簡単な操作で使える。フロッピーディスクでの手軽な運用に向いた機能として「メールの本体を読み込まない」という設定が用意されており、これをチェックしておくと受信時にメールのヘッダ情報だけを読み込む。件名や差出人から判断して、その場で読みたいメールだけを受信することができるわけだ。

大きな特徴が、ハードディスクやフロッピーディスク上にワークエリアを作成せず、動作に関するすべてをメモリ上で行うこと。そのため、送受信したメールの内容やID、パスワード、メールアドレスといった個人情報などが使用するマシン環境に残らないのはもちろん、フロッピーディスクでの運用でも動作が速い。添付ファイルの送受信も可能で、フロッピーディスクに収まらない大きなサイズのファイルが添付されたメールも処理できる(およそ3MB程度が上限。添付ファイルを開く場合にはディスクに保存する必要がある。添付ファイルの漢字ファイル名のエンコードはRFC2231とJISEncodeに対応)。

メーラとしての機能のほか、名前とメールアドレスだけを管理するシンプルなアドレス帳、「今日の出来事」を表示するカレンダー機能もある。

reviewer's EYE 学校や会社などで、個人で専用に使えるパソコンが与えられていないときや、出張や出向などで、よそのコンピュータを使うといった場合に、マシン上にデータを残したくなかったり、勝手にメールソフトをインストールするわけにはいかないといった状況で威力を発揮するソフトだ。インターネットに接続できる環境でフロッピードライブがあれば、ディスクを差し込むだけですぐにメールの送受信が行える。

ほとんどの処理をメモリ上で行い、フロッピーディスクをワークエリアとして使用しないので動作が軽快な上、どんなにメールを送受信してもディスクが一杯になって動かなくなるということがないのもうれしい。一方で、メールの履歴を管理する機能はないが、不要なメールを指定して削除しない限りメールサーバにデータが残るようになっているので、あとで自宅で別のメールソフトを使って管理すればよいだろう。外出中に手軽に使うメールソフトと考えれば、これで十分だ。フロッピーを紛失する可能性を考慮するとむしろこの方が安心ともいえる。もちろん、必要がある場合にはメールの本文と添付ファイルを保存することも可能だ。

デザインは非常にシンプルで、機能も必要最小限のものしか備えていないが、使い勝手はとてもよい。単純にメールを送受信するだけなら十分な機能を備えている。重厚長大なソフトよりもかえって使いやすいくらいだ。
(秋山 俊)


スクリーンショット》 接続設定画面。おまけ的な機能として、カレンダーと今日の出来事表示が付いている
スクリーンショット》 簡易アドレス帳も付属。メールアドレスの管理に便利だ
スクリーンショット》 ヘッダ受信して、重要なメールだけを読むこともできる


【作 者】 motor さん
【作者のホームページ】 http://www.core.kobe-du.ac.jp/kdumail/index.html
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

メールのソフトにはすばらしいものがたくさんあります。motorの勤務する学校でも、そうしたソフトを学生の皆様に使ってもらっていました。ところが、コンピュータの初心者にとっては、機能が多すぎたり、インストールが大変(NTの場合はスーパーユーザの権限が必要)だったり、本人の意思に反して勝手に知らないところに情報が書き込まれたりと、トラブルが非常に多かったのです。そこで基本的な機能に限定して気楽に使えるソフトを開発すれば、みんなハッピーになれるのではと、motorほか、数人のスタッフが考えたのです。

■開発中に苦労した点

現在も同様ですが、ネットワークという環境での開発のため、デバッグ等の作業が非常にしにくい状況にあります。特にwsockについて、あるいは開発環境Delphi付属のコンポーネントの問題等で、開発者としては手が出せない(あるいはそこまで深くつっこめない)状況が発生します。例えば、KDUmailではPOP3/SMTPのアドレスの誤りの際、50秒程度時間が経過しないとtimeoutが発生しないこと(なかばバグ的な仕様で誠に申し訳ありません)があります。

■ユーザにお勧めする使い方

特に、大学、高校、中学等の初心者の学生さんがメール入門用、あるいは出先でのメールのチェック等に使用していただければと願いを込めて、制作にあたりました。慣れたところで、高機能のメーラにステップアップしていただければと思います。

■今後のバージョンアップ予定

バグ等の報告があれば、できる限り(能力のおよぶ限り)対応したいと考えています。学校独自のカスタマイズの相談もお受けします。また、IMAPへの対応も考えていますが、これはかなり先になりそうです。

■その他

本ソフト開発には、神戸芸術工科大学の支援(共同研究)がなければ実現しませんでした。この場を借りてお礼いたします。KDUはkobe design universityの頭文字です。
(motor)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
KDUmail 1.2.1.4 フロッピーベースで動くマルチユーザメールソフト インストール不要 (410K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.