その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.10.25
Quui Quui Ver.1.16
多彩な貼り付けモードを持つテキスト入力支援ソフト
Windows 2000/98/95/NT シェアウェア
「Quui」の動作画面
■登録したテキストデータをボタンクリックで簡単にアプリケーションに貼り付けられる

よく使う単語や文章を登録しておき、マウスのクリックだけで目的のアプリケーションに貼り付けられるテキスト入力支援ソフト。貼り付け時のモードやオプション設定項目が多彩で、さまざまなパターンでの貼り付けが行えるの加え、ランチャやホームページブックマーク集として使うことも可能だ。

Quuiのメイン画面には20個のボタンが並ぶ。各ボタンに対して貼り付け用のテキストデータを登録しておき、マウスでボタンをクリックすることで、直前にアクティブだったアプリケーションのキャレット位置にデータを貼り込む、というのがQuuiの基本的な機能だ。データはQuui形式のファイルに保存されるが、1ファイルにはボタン20個×5ページの計100件のデータを登録できる。ファイルは200まで作成できるため、最大で20,000件のデータを保持することが可能だ。ページの切り替えはメイン画面右側のボタンで、ファイルの切り替えはドロップダウンリストから簡単に行える。なお、ボタン1個に登録できるテキストは半角で32,000文字までとなっている。

テキストデータの登録は、専用の編集ウィンドウから行えるほか、クリップボードの内容や他のアプリケーションで選択中のデータを直接登録することもできる。データのコピーや削除、ページ内での順序の入れ替えといった操作も簡単に行える。

さらに、通常のQuuiファイルのページから独立した形で「ストックページ」という特別なページが用意されている。ストックページにはクリップボードからデータを取り込むことができ、一時的に“ストック”してクリップボード拡張のような感覚で使える。一度データを取り込んでしまえば、あとは通常のページのデータと同様に使用できる。Quuiを終了しても取り込んだデータが消えることはない。

多彩な貼り付けモードがあり、テキスト貼り付け時にさまざまな動作を使い分けられるのも特徴だ。選択したテキストデータを単に貼り付けるだけでなく、貼り付け後に【Tab】や【Enter】(改行)を送ったり、カーソル移動のコードを送ってキャレット位置を上下左右に動かすといったことができる。テキストデータに含まれるURLをチェックし、ブラウザを起動して当該ページを表示する「Browse」モード、記述されたフルパスを実行する「Execute」モード(フォルダの場合は開く)などもあり、Webページのブックマーク管理やアプリケーションランチャとしても使うことができる。

そのほか、メイン画面上には日付や時刻の貼り付け、改行/Tab/カーソル移動/元に戻す/削除などの操作を行うためのボタンが用意されており、マウスでの入力・編集作業をアシストしてくれる。日付・時刻の貼り付けはボタンからの入力のほか、タイムマクロという機能を使うこともできる。タイムマクロでは、決められた書式の文字列をテキストデータに書き込んでおくと、その部分を現在の日付や時刻に置き換えて貼り込んでくれる。貼り付けメソッドとして【Ctrl】+【V】または【Shift】+【Insert】の2種類の方法に対応しているため、アプリケーションに応じて貼り付け方法を選べる。

なお、Quuiのそれぞれの動作にはショートカットキーが割り当てられており、キーボードから操作することもできる。

reviewer's EYE 単に登録済みのテキストを貼り込むだけでなく、改行やTab、カーソル移動などのコードまでまとめて送ることができるなど、実用上のポイントについてよく考えられているなと感じた。その上、改行その他の操作もウィンドウ上のボタンでできるので、マウスだけでもかなりいろいろな作業ができて、便利だ。

キーボードでもほとんどのコマンドを操作できるのだが、肝心のデータの貼り付けについては上下の矢印キーでボタンを選んでスペースキーを押すようになっており、ダイレクトな操作という点ではいまひとつの感がなきにしもあらずだ。20個のボタンそれぞれにキーを割り当てるといった繁雑さを排除したかったのではないかと推測するが、「テキスト編集時にはマウスなんて触りたくない」というバリバリのキーボード派や、「編集ウィンドウの上に他のウィンドウがオーバーラップするのはイヤ」という人には、ちょっと気になるところかもしれない。もちろんQuuiが主眼とすると思われるマウスでのオペレーションを見れば、使い勝手は非常に良好だ。

作者のホームページからは、Quuiデータのサンプルファイルがダウンロードできるほか、データファイルを公開しているQuuiユーザのページへのリンクがある。ダウンロードしたファイルはインポートすればすぐに利用できるので、Quuiを使おうと思う人は、まずは作者のホームページを訪れるとよいだろう。
(福住 護)


スクリーンショット》 データはファイルごとに整理・保存。インポート、エクスポートもできる
スクリーンショット》 データ操作画面。ボタンの順序の入れ替えやデータのコピーも簡単に行える
スクリーンショット》 貼り付けモードを切り替えれば、URLランチャやアプリケーションランチャとしても使える
スクリーンショット》 インポートすればすぐに利用できるQuui用のデータが数多く公開されている


【作 者】 upRise さん
【作者のホームページ】 http://www.os.xaxon.ne.jp/~deco/
【レジ作品番号】 SR017371
【補 足】 試用期間は30日間。試用期間中も一切の機能制限なしに使える。また、シェアウェア版のほかに、機能を絞ったフリーソフトの「QuuiLite」もある
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

仕事で毎回同じテキストデータを入力することに煩わしさを感じたことと、よく参照するテキストデータを一括して管理するソフトの必要性を感じたため、開発しました。

■開発中に苦労した点

ターゲットとなるアプリケーションに直接データを貼り付ける処理を開発するのに一番苦労しました。

■ユーザにお勧めする使い方

単語・単文、資料など比較的長い文章、メールのテンプレート、プログラムの定型文や定石的処理など、さまざまなテキストデータを管理し、再利用することで作業効率をアップすることができます。また、データ貼り付け後に自動でキー入力できる機能(モード)をうまく利用すれば使い方は広がると思います。実例では、CADソフトでのテキストデータ入力や商品の受発注業務などでも使用されています。プログラムランチャやURLランチャの機能も内蔵していますので、フルパスやお気に入りのサイトを管理することも可能です。

■今後のバージョンアップ予定

現在のバージョンのよいところはできるだけ継承して、さらに自由性や拡張性を持った上位バージョンを開発したいと思っています。
(upRise)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,080円(税込))
Quui 1.18 テキスト情報入力管理ツール (506K)

現在公開ファイルがありません


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.