その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.08.23
FileRenamer2000 FileRenamer2000 Ver.3.01
使い勝手に優れたファイル名一括変換ソフト
Windows 2000/98/95/NT フリーソフト
「FileRenamer2000」の動作画面
■かなり細かな設定が可能だが、機能別にパネルに分類・整理されており、使いやすい

豊富なオプションを備えたファイル名一括変更ソフト。複数のファイルをまとめて「特定の文字列+連番」などに簡単に変更することができる。ウィザード機能があり、複雑なファイル名変更も比較的容易に設定できるのが特徴。「デジタルカメラで撮影した画像にテーマ別の名前を付けて分類したい」などの用途に威力を発揮する。

FileRenamer2000は、ファイル名の変更(リネーム)を中心に、属性変更などの機能もあわせ持つソフト。主な機能を挙げると、
  • 複数ファイルのファイル名を「固定文字列+連番...」などの形式に一括変更
  • ファイルをコピーしてのファイル名一括変更
  • ファイル名の大文字・小文字の統一
  • 読み取り専用その他のファイル属性の一括変更
  • タイムスタンプ(更新日時)の一括変更
などがある。

オプションが豊富に用意され、設定によってかなり自由度の高い変更を行うことが可能で、ユーザが任意の文字を入力する「固定文字列」、桁数を指定したり、とびとびの番号を付けることができる「連番」などを6個まで組み合わせて使用することできる。よく使われると思われる5種類のリネームパターンがあらかじめ「登録済みパターン」として設定されており、これを使用すれば、指定方法にさほど頭を悩ませる必要はない。

また、いつでも呼び出し可能なウィザード機能が用意されており、対話形式での設定も行える。ウィザードは、一般的に使われることの多い作業だけに絞って設定する「定型処理ウィザード」と、すべてのオプションの設定を行える「全オプション設定型ウィザード」の2種類があり、ユーザの知識や目的に応じた使い分けが可能だ。

リネーム対象とするファイルは、フォルダ単位で選択(ワイルドカードを使った絞り込みが可能)できるほか、エクスプローラからのドラッグ&ドロップで個別に指定することも可能だ。フォルダ単位で選択する場合は下位のフォルダを含めることも可能で、その場合、フォルダごとに連番をリセットしてリネームするといった設定も行える。

操作の上で安心できるのが、プレビューとUndo機能を備えている点。各種設定が終了したら「リネームプレビュー」ボタンで変更後のファイル名をあらかじめチェックできるため、ミスを減らせる。また、万が一間違ったリネームを実行してしまった場合でも、Undoで簡単に元のファイル名に戻せるようになっている。

そのほか、リネーム処理の結果をログファイルとして記録する機能がある。このとき「復元用BAT形式ログ記録」を設定しておくと、ログファイルの拡張子を「.BAT」にして保存する。このバッチファイルを実行すれば、ファイル名を復元できるという仕組みだ。もちろん、一度設定したパターンを保存しておけば、再利用が可能だ。

reviewer's EYE WindowsがかつてのMS-DOSに比べて不便になったことのひとつに「まとめて〜する」という作業がある。なかでも誰もが遭遇する代表的な例といえるのが、ファイル名の変更だろう。エクスプローラでファイル名をクリックし、反転状態になったところで名前を修正するという操作はとても面倒で、何十個とあるファイルの名前をすべて変更するのは苦行に近い。

しかし、FileRenamer2000を使えば、そんな苦労からも無縁でいられる。しかも、ドラッグ&ドロップ選択を使えば、別々のフォルダに入っているファイルでもまとめてリネームできるなど、DOSコマンドにはないアドバンテージもちゃんと備えているし、プレビューやUndo、ウィザードなど初心者でも安心して使える至れり尽くせりの仕様もうれしい。
(福住 護)


スクリーンショット》 対話形式で設定できるウィザードも用意されている
スクリーンショット》 リネーム対象ファイルはドラッグ&ドロップでの指定も可能
スクリーンショット》 文字列、連番、拡張子などを6個まで組み合わせられる
スクリーンショット》 プレビュー画面では、変更後のファイル名を確認できる
スクリーンショット》 「現在設定されている項目の一覧」を確認しながら、設定できる


【作 者】 おびやん さん
【作者のホームページ】 http://www.d1.dion.ne.jp/~obiyan/
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

デジカメユーザの私は、旅行に行くと200〜300枚もの写真を撮ってくることもしばしばです。写真を撮るのはいいんですが、その後の整理が大変で、カメラが自動的に付ける「PIC00013.JPG」のような無機質な名前がさらに混乱を呼んでしまいます。

そこで、「199911京都_001.JPG」のようなファイル名を付けるためのソフトを探そうとしたのですが、そのころVisual C++を覚えたばかりで、ちょうどいい実践演習ということで作成をはじめたのがこのソフトです。

■開発中に苦労した点

数ある苦労の中でも2バイト文字とユーザインタフェース(UI)には特に手を焼きました。2バイト文字問題はユーザ様からメールをいただき何とか解決しましたが、これほどまでに2バイト文字に対する処理がややこしいと思ったことはありませんでした。UIはいまでも悩みの種のひとつです。機能の豊富さと使いやすさは両立が難しく、その狭間で生まれたのがウィザードです。いかがなものでしょうか?

■ユーザにお勧めする使い方

やはり、このソフトの原点である連番入りの一括リネームがお勧めです。リネーム後のファイル名の自由度はかなり高くしたつもりです。また、ヘルプファイルに「使い方いろいろ」ということでこのソフトの応用例をいくつか参考程度に記述してありますので、そちらもご覧ください。

■今後のバージョンアップ予定

現在進行中のものが設定項目を一覧できるダイアログの作成と、リネーム対象フォル ダ選択やリネームプレビュー時に表示されるファイルをダブルクリックすると、関連 付けられているアプリケーションを起動するという部分です。 このほかにも、使いやすさは常に追求したいと思っています。
(おびやん)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
FileRenamer2000 3.34 大量にたまったデジカメ画像ファイルなどを連番付きで一括リネーム!! (483K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.