その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリバックナンバー一覧
・
・



ベクターソフトニュース - 2000.08.16
喰人王 喰人王 Ver.1.15
コミカルな演出で楽しく遊べるタッチタイピング練習ゲーム
Windows 98/95 フリーソフト(寄付歓迎)
「喰人王」の動作画面
■タイピングすると剥き出しの歯がバクバクと料理を平らげてゆく

大喰いをモチーフに、タイビングと“食べる”アニメをうまくミックスさせたタッチタイピングゲーム。プレイヤーは、出題された単語・文章を正確にタイピングすることによって、出された料理を食べてゆくという設定。七つの料理店すべてを食べ尽くし、「喰人王」の称号を手に入れるのが目的だ。コミカルな演出で、楽しみながらタイピングの練習も行える。

喰人王では「正確なタイピング」=「食べること」。次々に出題される言葉を正確にタイプし、すべての料理を食べ尽くすことができれば、ステージ(料理店)をクリアできる。和・洋・中が揃った七つの料理店は、店によって出題レベルが異なり、5〜6文字の簡単な単語から、難しいものはことわざや日常会話などタイプ数が40文字を超えるような長文までと、さまざま。ステージをクリアするための条件は、
  1. 制限時間内に四つの問題を正確にタイプできれば大皿1皿をクリア
  2. 大皿10皿を平らげれば、そのステージをクリア
だ。問題とともに画面に表示されるのは、大皿に盛られた料理。問題を正確にタイプしてゆくと、入れ歯洗浄剤のCMに出てきそうな剥き出しの歯が皿の料理にむさぼりつく。この大食いアニメが、喰人王の最大の特徴だ。

「喰数」という値を設定して、ゲーム的な要素を取り入れている点もポイント。喰数は、正確なタイプで無駄なく料理を平らげれば上がり、タイプミスでうまく料理を食べられないと下がる。一度タイプミスをすると、次に正確にタイプできるまで喰数は減り続ける。喰数が100以上になると、目前の料理を一瞬にして食い尽くすことができる「喰人技」を使えるようになる。難問が出題されたときや制限時間に間に合わなそうなときに効果的だが、喰人技を使用すると、喰数は大きく減少してしまう。次の料理が運ばれるまでに目の前の皿を片づけないと、店主から鉄槌を喰らわされ、体力が減少し、体力がゼロになるとゲームオーバー。食事の途中でも容赦なく店から叩き出されてしまう。

料理をすべて平らげると、最後に喰いっぷりが伝票として表示される。喰いっぷりは、正しいタイピングによって加算される喰数、残り時間、総タイプ数、ミスタイプ数、正確さによって算出される。喰いっぷりがその店の歴代第1位を記録すると、店のレベルに応じた称号が与えられるという仕組みだ。ロボットがシェフを務める最後の店で喰いっぷり第1位になれば、「喰人王」の称号が得られる。

問題は、日本語文がローマ字入力で出題される。「しゃ」(SHA・SYA)などの細かなローマ字入力は設定で変更することが可能。各店歴代第3位までの喰いっぷりが記録される。

reviewer's EYE あまり楽しいとはいえないタッチタイピングの練習も、大喰いをモチーフにするといった発想でずいぶん楽しくなる。料理を“味わっている”暇はないが、ついつい次のメニューが気になって、意地になるのも人情だ。出題される問題も単語ばかりでなく、日常会話もあるので、マスターすればチャットなどに即、効きそうだ。プレイの最中に店主が何やら話しかけてくるが、はじめは頭に入ってこないだろう。しかし、もしそこまで気が回るようであれば、そのころにはタッチタイピングも完璧になっているかもしれない。
(フェムス・安藤 しょうこ)


スクリーンショット》 ゲーム開始時には何と誓約書にサインさせられる! 実にナイスなセンスだ
スクリーンショット》 七つの店から自分のスキルに合わせて選べる。あとの店にいくほど、出題レベルも上がる
スクリーンショット》 ローマ字設定画面では、入力方法の選択が可能
スクリーンショット》 シェフが次の料理を作り終わるまで(制限時間内)に食べきれないと、恐怖の鉄槌を喰らってしまう
スクリーンショット》 1店制覇すると、喰いっぷり度がはじき出される
スクリーンショット》 喰数が100以上たまったところでスペースキーを押すと、喰人技が使える


【作 者】 D.IKUSHIMA さん
【作者のホームページ】 http://www2.117.ne.jp/~Clover/
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

専門学校でゲームプログラミングの講師をしているので、生徒たちのサンプルや手本となる作品を作りたかったのと、最近、ゲーム作りをしていなかったので、久々に創作意欲がわいたからです。世間で流行りのキータッチゲームに負けない作品にしたつもりです。

■開発中に苦労した点

ゲーム中の演出や画面のレイアウトはかなり凝りました。飽きさせない要素や目を引く演出など、 さまざまなアイデアを仲間と話し合って練り込みました。しかしながら、それによって処理が重くなっては意味がないので、なるべくスペックの低いパソコンでも気持ちよく遊べるようにプログラムを工夫しています。ローマ字の入力設定を作るときには、ローマ字の解析処理に非常に頭を使いました。

■ユーザにお勧めする使い方

一般に出ているキータッチゲームに負けない魅力があると思います。楽しみながら、同時にキータッチの能力も上がるはずです。キータッチの上達やハイスコア入りを狙いたいなら、「喰人技」には頼らないようにしましょう。

■今後のバージョンアップ予定

いまはまだ音楽が入っていないので、まずは音楽や効果音を入れていきたいと思っています。あとは、ユーザからの要望があったので、ユーザが自由に出題単語を作れるようにしたいです。まだまだ作り込みたい要素がありますので、楽しみにしていてください。

■お願い

よかったらカンパの方もよろしくお願いします。
(D.IKUSHIMA)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
喰人王 1.34 大食いをモチーフにしたタイピングゲーム (1,512K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.