その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.06.28
FPress FPress Ver.1.09
ドラッグ&ドロップや右クリックメニューから柔軟に操作できる高機能アーカイバ
Windows 98/95/NT フリーソフト
「FPress」の動作画面
■エクスプローラライクなメイン画面。書庫ファイルの操作もエクスプローラ同様、簡単

多くの書庫形式に対応する高機能な圧縮・解凍ソフト。対応書庫形式は解凍が14種類、圧縮が11種類。LZH/ZIP/CAB/TARなどの一般的によく使われる形式から、GZA/BZAといった形式まで幅広くサポートする。操作はドラッグ&ドロップや右クリックのコンテキストメニューから行うことができ、直観的に扱える。コンテキストメニューからは、圧縮・解凍以外のファイル操作を行うこともできる。

FPressは、フォルダツリーとファイル一覧からなるエクスプローラライクな画面構成、豊富な機能、高い操作性が特徴のアーカイブソフト。統合アーカイバプロジェクト 仕様のDLLをサポートし、対応DLLをインストールすることで、数多くの書庫形式ファイルの圧縮・解凍を行うことができる。めずらしいところでは、高圧縮率ながら単一ファイルしか処理できないGZ/BZ2を拡張し、複数の圧縮ファイルを書庫として操作できるようにしたGZA/BZA形式をサポートする(FPress作者のBGA32.DLLが必要)。

圧縮・解凍操作は、メイン画面またはショートカットアイコンへのドラッグ&ドロップ、ファイルのダブルクリック、右クリックのコンテキストメニューなどから行える。多彩な操作を行うことが可能で、例えば、
  • 書庫ファイルのダブルクリックで指定フォルダに一発解凍
  • [Shift]を押下しながらダブルクリックでメイン画面を開き、書庫ファイル一覧を表示
などと、簡単に使い分けることができる。自己解凍書庫の作成が可能なのはもちろん、書庫ファイルへの他ファイル/書庫の追加圧縮、書庫内の任意ファイルの解凍などの操作を、自己解凍書庫に対しても通常の書庫と同様に行うことができる。自己解凍書庫を通常の書庫形式に変換する機能もある。そのほかにもマルチボリューム書庫の作成・解凍、書庫ファイルが破損していないかどうかのテスト、コマンドラインからの圧縮・解凍など、豊富な機能を備える。

さらに、充実したシェルエクステンション機能があり、通常ファイル(フォルダ)/書庫ファイルの右ボタンドラッグ&ドロップで書庫の作成・解凍ができるのに加え、
  • ドラッグ先のフォルダ内へフォルダを作成して移動/コピー
  • ひとつ上の階層のフォルダへの移動/コピー
  • ReadOnly属性を解除してコピー
  • 文字コードの変換(要UNKANJ.DLL)
  • ファイルの分割/復元(要JACK32.DLL)
など、圧縮・解凍以外の機能も用意されている。

そのほかにも、圧縮・解凍時の動作や圧縮形式に関するDLLの詳細な設定(ZIP/YZ1書庫作成時に暗号化することも可能)、関連付けされたアプリケーション以外のものでファイルを開けるようにするコンテキストメニューの拡張設定などが可能だ。

reviewer's EYE シェル拡張機能を利用した簡単かつ柔軟な操作が魅力だ。エクスプローラ上での右ボタンを押し手のドラッグ操作は、日ごろあまり使わない人には違和感があるかもしれないが、FPressではこの操作が実に重要となる──さらにいえば、一度使うと離れられなくなると思う。

この機能でフリーソフト。高ポイントのソフトであることは間違いない。
(福住 護、練馬 ベク蔵)


スクリーンショット》 右ボタンのドラッグ&ドロップで使えるシェルエクステンションからは書庫作成・解凍がすばやく行える
スクリーンショット》 ダブルクリックでの解凍実行やデフォルトの解凍先フォルダなども指定できる
スクリーンショット》 シェルエクステンションのメニュー項目。これだけの操作が可能
スクリーンショット》 DLLの設定ダイアログ。動作や形式に関して、さまざまな設定が行える
スクリーンショット》 書庫ファイルを解凍中


【作 者】 木村 利靖 さん
【作者のホームページ】 http://homepage2.nifty.com/Fpress/
【動作に必要なソフト】 (対応DLL)
【補 足】 6月27日現在の最新版はVer.1.11。作者のホームページ からダウンロードできる
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

FPressは最初、LHWinという名称でWindows 3.1用の16bit版として作成しました。当時は書庫ファイルの内容をウィンドウで閲覧できるアーカイバアプリケーションが皆無に近かったため(私が知らなかっただけかもしれませんが)、こういう機能があればおもしろいかも、という軽い気持ちで、Windowsプログラミングの勉強がてら作りはじめたのだと思います。その後は、周囲の知人たちに乗せられて、あれもこれもと機能を追加していき、現在に至っています。

■開発中に苦労した点

やはり情報の少なさかもしれません。当時は周囲にWindowsのプログラミングを行っている仲間もおりませんでしたし、インターネットやパソコン通信なども行っていなかったものですから、こんなことができれば、とアイデアを思いつくと、その実現を目指してSDKのドキュメントを頼りに試行錯誤を繰り返していたように思います。挫折してそれきり忘れ去られたアイデアも数多くあったようななかったような……。(^^ゞ

■ユーザにお勧めする使い方

エクスプローラの右ボタンドラッグ&ドロップを使った圧縮や解凍が便利です。また、書庫ファイルの拡張子をFPressに関連付けしていただけるなら、エクスプローラで表示している書庫ファイルのアイコンにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、書庫ファイルへ追加圧縮できるようになります。

■今後のバージョンアップ予定

細かい機能追加や修正は随時行っていますが、それとは別にNT/2000系への正式対応を早くしないと、と思っております。(^^;
(木村 利靖)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
FPress 1.20b エクスプローラ風のありがちな圧縮解凍ツール (340K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.