その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.06.24
Devil Draw Plus Devil Draw Plus Ver.2.2-6
コンパクトで軽快な動作の多機能ドローソフト
Windows 98/NT シェアウェア
「Devil Draw Plus」の動作画面
■マルチドキュメントサポートの軽快なドローソフト。機能別に分かれたフローティングウィンドウ

コンパクトサイズで軽快な動作が特徴のドロー系画像編集ソフト。扱いやすいグラデーション、ベジェ曲線のサポート、ユーザ作成図形の登録など、多彩な機能を持つ。

Devil Draw Plusは、1本のファイルの中に複数の画像を保存できるマルチページ、同時に複数ファイルの編集が行えるマルチドキュメントのドローソフト。ファイル操作を行うメインウィンドウ、画像を表示するドキュメントウィンドウなど、ウィンドウは機能別にフローティングウィンドウとして分離される。

Devil Draw Plusの「ページ」は、それぞれが独立した画像ファイルと考えてよいものだが、同一ドキュメントのすべてのページに対して同じオブジェクトを貼り込むことなどができる「マスターページ」が用意されている点が特徴。これにより、すべてのページの同じ位置にロゴマークを入れたり、通しページ番号を入れたりといったことが簡単にできる。マスターページは1ドキュメントに対して1ページを作成できる。

ドキュメント内ではページ順の入れ替えも可能。各ページ内で簡易レイヤをサポートするほか、ページ間およびドキュメント間でオブジェクトのコピー&ぺーストといった操作も行える。また、複数のオブジェクトをひとつのオブジェクトのように扱うグルーピングも指定できる。

描画できる図形は直線・曲線・四角形・円などの基本的なものに加え、任意の点を結ぶ多角形やベジェ曲線をサポートする。直線や四角形として描画したオブジェクトも自由に変形することができ、拡大・縮小・回転といったドローソフトの基本的機能をしっかりカバーしている。

図形やテキストといったオブジェクトに対してグラデーション処理を施すことが可能で、グラデーションのステップ数も任意で増減できる。グラデーションの方向は左右(横)・上下(縦)から選択でき、いつでも切り替えられる。また、一度グラデーション処理を行ったあとでも、色の増減・変更は簡単に行える。

よく使うオブジェクトをファイルとして書き出し、「基本図形」として保存することも可能で、保存した基本図形はすぐに呼び出して再利用できる。基本図形はファイルに保存するるほかに、一時的に1個のオブジェクトだけを「形状記憶」させることも可能だ。

そのほか、インポート機能としてBMP/WMFからの取り込みが用意され、既存の画像を取り込んでドキュメントを構成することもできる。扱えるファイル形式は独自形式のDDD形式のほか、インポートが上記2種類、エクスポートがWMFに対応する。選択した図形を矢尻ファイルとして書き出す機能もある。

reviewer's EYE 特徴的なのは、多数点のベジェ曲線オブジェクトの描画と、グラデーション処理のやりやすさ、そして処理速度。特に、テキストを簡単にグラデーション処理できる点はポイントが高い。惜しいのは、テキストとして入力されたものはあくまでテキストであるという点。Adobe Illustratorのようにテキスト自体もアウトライン化し、自在に変形できれば、と思うが、そこまで望むのはちょっとよくばりすぎか。

3世代くらい遅れている筆者のマシン(Celeron/300A+MillenniumII)でもストレスを感じることなく使うことができたのが、このソフトがいかに軽快かを示す指標となるだろう。
(藤田 洋史)


スクリーンショット》 BMPをインポートして拡大・変形、テキストと組み合わせることも可能
スクリーンショット》 よく使うオブジェクトは基本図形として保存できる。拡大・縮小や変形も自由
スクリーンショット》 ステップ数を増やし、多段階のグラデーションを指定することも簡単。テキストにも同様の操作でグラデーション指定できる
スクリーンショット》 同じドキュメント内のすべてのページに、ロゴマークなどの同じオブジェクトを簡単に入れられるマスターページ。ページ番号を挿入する機能が用意されている


【作 者】 devil さん
【レジ作品番号】 SR015563
【補 足】 試用期間中は一部機能が制限される
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

軽いドローソフトを作成しようと思ったのがきっかけで、せっかくなので、ベジェ曲線について調べて実装しました。その後、いろいろと機能を追加し、現在に至っています。

■開発中に苦労した点

コーディングで一番苦労したのは、Undo処理の部分でした。

■ユーザにお勧めする使い方

本バージョンから、文字や塗りつぶしにグラデーションが指定できるようになりました。BMPのインポート機能とあわせて、カードの作成などに利用していただければと思います。

■今後のバージョンアップ予定

本バージョンをベースに、目的ごとに特化させたいくつかのシリーズを公開していこうと思っています。現在予定しているのは、年賀状ソフトバージョンで、宛名書き機能などを追加して11月末までに公開する予定です。
(devil)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,188円(税込))
Devil Draw Plus 2.3−9 ベジエ曲線,グラデーション等,多機能ドローツール (709K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.