その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.05.27
PHOTOプロちっく PHOTOプロちっく Ver.1.0.0
デジカメ写真などの画像を「かっこよく」「おしゃれ」に加工できるソフト
Windows 98/95/NT シェアウェア
「PHOTOプロちっく」の動作画面
■すべての機能がウィンドウ上で確認でき、パソコン初心者でも迷わず操作できる

専門的な知識がなくても、ボタンを押すだけで画像にさまざまな加工を施すことができるフォトレタッチソフト。メニューバーやツールバーを廃し、使用できるすべての機能をボタン形式でウィンドウ上に並べてあるため、フォトレタッチソフトはもちろん、パソコンの操作に慣れていない初心者でも直観的に使える点が特徴だ。ボタンの表面に並ぶ文字も、専門用語を用いず「ぴかぴか」や「ふわふわ」など、誰にでも内容がすぐわかる言葉が採用されている。

PHOTOプロちっくでは、画像の加工に関する機能を大きく三つのグループに分類している。第一のグループは、画像全体にエフェクトを施すフィルタで、「ぴかぴか」「キレイ」「ふわふわ」「渋っ!」「アート」(2種類)の計6種類。「ぴかぴか」はその名の通り、ハイライトを強調し、強いライトを受けて光っているように見せる効果。「ふわふわ」は、画面全体にソフトフォーカスがかかって少しぼけた感じになると同時に、ハイライトも多少、強調される。「キレイ」は、画面をいくぶんフラットにし、色合いを鮮やかにすることで細部の粗などを目立たなくさせる効果。「渋っ!」は「キレイ」とほぼ同じだが、暗い部分をにじませて強調する効果がつけ加えられている。「アート」は画像を絵画風にするもので、2種類の異なる効果が用意されている。

二番目のグループは画像全体の色を変えるもので、「セピア」「モノクロ」「ぴんく」「むらさき」「おれんじ」など、10色が用意されている。

最後のグループは、画像の周辺部分を加工することにより、中央部分を際立たせるもので、
  • 周囲を明るくしたり暗くしたりする「フェードアウト」(6種類)
  • 周囲をぼやかす「フォーカス」(4種類)
の二つのパターン、計10種類が備わっている。

これら三つのグループに分けられた効果は、同一のグループに属する効果を(セーブせずに)連続してかけあわせることはできない(例えば「ぴかぴか」をかけたあとに「アート」をかけても、「アート」を単独でかけた状態にしかならない)。しかし、異なるグループの効果は自由にかけ合わせることができ、全部で800種類以上の組み合わせが可能となっている。

また、上記のグループに属さない機能として、画像の明暗を変更する機能、加工した画像をオリジナルの状態に戻す機能、ボタンひとつで加工後とオリジナルの画像を切り替えて見比べられる機能も用意されている。なお、扱える画像形式はJPEGのみ。

reviewer's EYE 主にデジカメ写真の加工に目的を絞り込み、扱える画像形式もJPEGのみと割り切った明快なコンセプトが非常によい。フィルタの種類そのものは決して多くないが、どのフィルタも写真を「かっこよく」「かわいらしく」「おしゃれに」見せるのに最適になるようにエフェクトがうまく組み合わされている。同様の効果を一般的なフォトレタッチソフトを用いて出そうと思ったら、かなりの経験が必要になるだろう。

同一グループのエフェクトを組み合わせられないというのも、「手軽で使いやすい」というコンセプトから見れば正解だろう。細部の作り込みなども初心者に優しく、使い勝手の非常によいソフトだ。
(秋山 俊)


スクリーンショット》 オリジナルの画像(右下)に「ぴかぴか」を施したところ(画面は合成)
スクリーンショット》 画像に「アート」と「フェードアウト」かけるとこうなる
スクリーンショット》 「ふわふわ」をかけた画像の色を「セピア」に変えたところ
スクリーンショット》 オンラインヘルプは、a-groove.comのホームページに接続される


【作 者】 a-groove.com さん
【作者のホームページ】 http://a-groove.com/ppt/
【レジ作品番号】 SR017019
【補 足】 ソフトの試用はエフェクトの種類が限定された「PHOTOプロちっく体験版」で行える
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

最近若い人たちの間でノートパソコンやデジタルカメラの普及率はめざましいものがあります。そのかわり、パソコンビギナーが増えているのも確か。「パソコン+デジカメ」といえばいろいろなことができそうな気がしますが、実際には画像レタッチソフトが高価であったり、操作が難しかったりしますよね? そこで、誰でも簡単にプロのような(プロちっくな)レタッチができるソフトがあれば便利だなと思い、作りました。

■開発中に苦労した点

悩んだのは見ての通り、「簡単すぎるのではないか?」ということです。効果のかかり具合等を設定できてもいいかなと何度も考えましたが、ビギナーにとって「安心なデザイン」「ボタンを押すだけの簡単操作」、基本的に「マニュアルフリー設計」をコンセプトに『プリクラ』のイメージで制作しました。いまでは、これはこれで斬新だと開き直っています(笑)。

■ユーザにお勧めする使い方

とにかくボタンを押しまくってみればわかりますが、ボタンは三つのグループに分かれていて、そのグループを組み合わせることができます。組み合わせは計800種類以上にもなります。いろいろな組み合わせを楽しんでくださいね。

ヘルプボタンを押すと、ホームページ に接続できます。ホームページには「使い方&テクニック」や「よくある質問」等があり、新鮮なヘルプとして利用できますよ。さらに、ホームページ上から簡単に質問のメールを匿名で出すことができます。ぜひ利用してくださいね。

また、このソフト(体験版含む)を使った写真の投稿を募集してます。お待ちしています。

■今後のバージョンアップ予定

バージョンアップの予定はありませんが、現在「PHOTOプロちっく2」を制作しています。まだ発表するかどうかわかりませんが、楽しいソフトになりそうです。楽しみにしていてください。
(a-groove.com)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア(2,100円)
PHOTOプロちっく 1.20 デジカメ写真がボタン一発でプロちっくな写真に!!効果の種類は800種類以上! (721K)

サンプル
PHOTOプロちっく体験版 1.0.0 使用期限なし! ボタン一発でプロちっくな写真に!! (1,383K)



ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.