その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.02.09
Easy圧縮(デラックス版) Easy圧縮(デラックス版) Ver.1.1
3種類の書庫形式に対応した簡単操作のファイル圧縮ソフト
Windows 98/95/NT フリーソフト
「Easy圧縮(デラックス版)」の動作画面
■アイコンへのドラッグ&ドロップなどで簡単に圧縮できる

アイコンへのドラッグ&ドロップまたはコンテキストメニューから手軽に圧縮できるのが特徴の圧縮専用ソフト。外部DLLを必要とすることなく、LZH、ZIP、CAB各形式への圧縮が簡単に行える。

Easy圧縮(デラックス版)は、Easylzh.exe、Easyzip.exe、Easycab.exeの三つの実行ファイルから構成され、圧縮したい書庫形式によってこれらを使い分けるようになっている。各実行ファイルには圧縮エンジンが内蔵されているため、アーカイバ用DLLは不要だ。配布アーカイブに同梱されているEasycomp.sfxという外部モジュールを使用することで、自己解凍書庫を作成することも可能である。

最も簡単にファイルを圧縮するには、エクスプローラなどからファイル(またはフォルダ)アイコンを上記三つのいずれかのアイコンにドラッグ&ドロップすればよい。初期状態ではデスクトップに書庫ファイルを作成するが、保存先や作成ファイル名は、各実行ファイルを開いて表示されるプロパティ画面で設定できる。また、このプロパティではデスクトップへのショートカット作成や、コンテキストメニューから使用できるように「送る」メニューへの登録も簡単に行える。

圧縮作業が終了すると「正常終了」というダイアログが表示されるが、一風変わっているのがこのダイアログにある[操作]ボタン。ここから書庫内容の確認、書庫ファイル名の変更、書庫へのファイルの追加が行えるほか、自己解凍書庫の作成も行える(Easy圧縮(デラックス版)では、一度通常の書庫ファイルを作成してから、Easycomp.sfxで自己解凍書庫を作成するという方式を採用している)。

また、【Ctrl】キーまたは【Shift】キーを押しながら圧縮操作を行った場合は、ファイル保存用のダイアログが現れて、保存先のフォルダやファイル名、圧縮に関するオプションを一時的に変更できる。このとき、Easyzipではパスワード付きの圧縮、Easycabではフロッピーディスクなどのサイズに合わせたファイルの分割も可能だ。

そのほかの特徴として、(1)(同形式の)書庫ファイルを単独でドロップした場合は確認のダイアログが現れ、「ファイルをさらに圧縮する」「内容の確認をする」「自己解凍書庫を作る」という処理を選択できる、(2)自己解凍ファイルについては「自己解凍書庫を作成...」と「自己解凍書庫一発作成...」のふたつのコマンドがあり、前者は解凍実行時に表示されるダイアログの表示メッセージやデフォルトフォルダなどを指定可能、後者にはこれらの指定はなく、作成したファイルをダブルクリックすれば即解凍するように圧縮する、などが挙げられる。なお、LZH形式については、内蔵の圧縮エンジンではなく、UNLHA32.DLL の機能を呼び出して使うこともできる。

「簡単操作」を特徴としながらも、さまざまな細かな設定が可能で、初級者から上級者まで幅広いユーザのニーズをカバーするソフトだ。

reviewer's EYE このソフトの作者の白川さんは、DLL不要で多彩な形式に対応した定番解凍ソフト、解凍レンジ の作者でもあるが、Easy圧縮(デラックス版)は、ちょうどその解凍レンジと対をなす圧縮ソフトといってよいだろう。

書庫管理という観点から見れば、もちろんEasy圧縮(デラックス版)以上のソフトはいくらもあるだろうが、初心者にも手っ取り早く使え、なおかつ詳細なオプション設定も可能と、なかなかのスグレものソフトだ。

なお、このデラックス版のほかに、対応形式がLZHのみの通常版もある。
(福住 護)


スクリーンショット》 圧縮終了後に表示されるダイアログ。ここから自己解凍書庫の作成などが行える
スクリーンショット》 プロパティ画面。デフォルトの保存先やファイル名、「送る」メニューへの登録などの指定ができる
スクリーンショット》 【Ctrl】キーまたは【Shift】キーを押した状態で圧縮を行うと、保存先ほかを一時的に変更できる
スクリーンショット》 書庫ファイルをドロップなどすると、再圧縮や自己解凍ファイルの作成が可能


【作 者】 白川 泰洋 さん
【作者のホームページ】 http://www2s.biglobe.ne.jp/~yyyy/
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

2年ほど前、簡単に圧縮ファイルを作成できるソフトが見当たらなかったため、LZH圧縮専用の初期バージョンを自分のホームページで細々と公開していたのですが、ユーザの方から「他の圧縮形式にも対応してほしい」との要望をよくいただくようになり、今回のデラックス版を公開しました。

■開発中に苦労した点

安全性・信頼性には特に気をつかっています。また、今回の公開にあたり、他のソフトのようにひとつの実行ファイルで複数の圧縮形式を扱うべきか、とか、シェル拡張機能も付けるべきか、といった基本的な仕様でずいぶん悩みました(今も悩んでいます)。

■ユーザにお勧めする使い方

初心者で圧縮形式にこだわらない方には、導入が容易な通常版(別途公開中)の方をお勧めします。また、コンパクトな自己解凍書庫を生成する機能は、オンラインソフト等の開発者の方にも十分お勧めできますので、一度お試しください。

■今後のバージョンアップ予定

簡単圧縮ツールとしての基本機能にまだ物足りない点があったり、設定画面などのインタフェースがわかりにくいので、まずはそのあたりを改善したいと思います。
(白川 泰洋)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
Easy圧縮 デラックス 1.2 超簡単操作の圧縮専用ツール (212K)

フリーソフト
Easy圧縮 1.2 超簡単操作の圧縮専用ツール (68K)




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.