その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.01.22
SAKURA SAKURA Ver.0.999+3
ドレミのテキストで作曲・演奏ができる手軽なDTMソフト
Windows 98/95 フリーソフト
「SAKURA」の動作画面
■ドレミとそのまま打ち込めばよいので、手軽に作曲を楽しめる。ソフトキーボードも用意されている

初心者には敷居の高いMIDIによる作曲を簡単に行えるソフト。エディタとコンパイラ、プレイヤーを一体化、初心者でもわかりやすい表記法の採用により、手軽にDTM(Desktop Music)を楽しむことができる。

最も簡単な作曲法はテキストのドレミファソラシドでメロディを記述(これを「ストトン表記」と呼ぶ)して、その場でテストプレイ、おかしな個所を修正してからMIDIファイルとしてコンパイルするという手順。ストトン表記は、あまり音楽になじみのない人にもわかりやすく翻訳されたMML(Music Macro Language)と理解すればよいだろう。

PCによる作曲と聞くと腰が引けてしまう人が多いと思うが、例えば基本音符を4分音符に指定するなら「音符4」と記述するだけでよいし、音を伸ばすなら「シー」などと音引きを付けるだけでよい。「#」「♭」もそのまま記述すればよく、オクターブの上げ下げも「↑」「↓」などでOKと、直観的に記述できる。打ち込みが面倒な人のためには、「インチキ・キーボード」というソフトウェアキーボードも用意されている。

初期設定や定義ファイルの読み込みといったよく使うコマンドは「挿入」メニュー下に配置されており、選択するだけでカーソル位置に挿入される。パラメータが必要な場合は挿入後に入力する必要があるが、詳細なヘルプとHTML形式のチュートリアル、そして多くのサンプルファイルで、とまどうことなく、学習しながら作曲を行えるよう工夫されている。

ストトン表記と通常のMMLを混在させることも可能。ある程度のMMLテクニックを持つユーザならば、ストトン表記とMMLを混在させながら複数のチャネルを使ってオーケストラ演奏を実現することもさほど難しいことではない。ヤマハなど各種の音源に対応しており、プログラムによって選択を変更したり、チャネル制御ができるようになっている。

できあがった曲はテキストで保存するほか、標準MIDIファイルに出力することも可能なので、外部のMIDIプレイヤーやWindows Media Player等を呼び出して演奏することもできる。

reviewer's EYE

MIDI作曲といえば、適当なパラメータによって自動的に作曲させるか、すべてを自分で入力するかの両極端だった。耳コピーができない、あるいはやりにくい曲は譜面から入力することになるが、その場合やはりMMLの持つプログラム独特の敷居の高さが問題になっていた。

ドレミ方式で入力・演奏できるという点だけをとっても、Sakuraのメリットは計り知れない。童謡程度のごくごく簡単な曲の入力でさえ、それまでやりたくてもやれなかったユーザにとってはかなりうれしいソフトだろう。かくいう筆者も、子供のために何曲かの童謡を入力してみたが、1オクターブ/8小節の範囲ですむような短い曲なら、MMLのことなど何も知らなくても簡単に作れるというのが実感だ。

(藤田 洋史)


スクリーンショット》 サンプルで付属するファイルは学習用のチュートリアルとして非常によくできている
スクリーンショット》 Command Clipperにはコマンド一覧が掲載されている。これをクリックすれば、コマンドが挿入される


【作 者】 山本 峰章 さん
【作者のホームページ】 http://village.infoweb.ne.jp/~fwip6684/
【補 足】 1月21日現在の最新版はVer.0.999+5。作者のホームページ からダウンロードできる
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

まず、現在の主流の音楽入力ソフトに不満があったことが直接の動機です。それで、個人的に8bitパソコン時代の音楽入力方法であるMMLを深く愛しているので、それを発展させようと思ったのです。

また、普通音楽入力ソフトというと、c4とかd5とか、音名に記号を使うので、初心者の人には抵抗があります。そこで直観的に「ドレミー」と書くとその通り演奏されるというわかりやすいものを作ろうとも思いました。

それから、作曲とプログラムが趣味なので、この2つをくっつけたらものすごく楽しくなるだろうなという発想から生まれました。

■開発中に苦労した点

ちょっと前のノートパソコンしか持ってないので、プログラムするソフトの動作が重くて、苦労してます。

■ユーザにお勧めする使い方

簡単なので、着メロ感覚で音楽を作ってください!

また、文字情報だけで音楽が作れるというメリットを活かして、メロディやフレーズのデータベースを作るとか、アイデア次第でいろいろと楽しめると思います。

■今後のバージョンアップ予定

これからは、どんどん使い勝手を向上させていきたいと思います。

(クジラ飛行机(山本 峰章))
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
テキスト音楽「サクラ」 2.372 「ドレミ」と書けば、ドレミが鳴る、初心者にも優しい音楽入力ソフト (3,100K)




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.